市電のアルバム

車庫/Trolley Depots (Aerial Photos)

国土交通省が公開している「国土画像情報」から市電車庫の空撮画像を集めてみた。現在公開中の最も古い画像は1974年夏頃のものであるため,時期的には烏丸線の廃止直後に当たり,壬生車庫の姿は既にない。(縮尺は概ね8000分の1)


壬生車庫:交通局庁舎と市バス操車場を残して,四条通近くまで達する跡地では,公団住宅の建設工事がたけなわである。 烏丸車庫:烏丸線の軌道は既に撤去されているが,運輸事務所の建物は昔のままで,地下鉄工事もまだ始まっていない。
錦林車庫:烏丸線廃止の数日後,烏丸に留置されていた保存車両(広軌)が錦林に回送されて来た。白川通寄りの2線にあるオレンジ色のシートを掛けられた5両がそれである。この時点では現在保存車となっている1605号と2001号はまだ現役である。 九条車庫:市電では最大の面積を有する車庫であるが,敷地の東半分は自動車整備工場が占めている。その脇に留置されているのは解体待ちのツーマン車群,ループ線東側は市バス操車場と化している。