終車通過時刻表(伏見線廃止後)

Timetable for last runs effective April, 1970
このページでは,2016年から岡崎公園の案内所に転用された1860号車内に掲示された,1970年4月時点の「終車通過時刻表」から,初・終電時に特徴的な運転系統を読み解きます。


※まなみ様提供の画像を加工。クリックすると,各通過時刻を比較的読易い部分画像と置換え,誤りを修正したパッチワーク画像を表示。


「終車通過時刻表」に掲載された系統のうち,常設ではない臨時系統を拾うと以下のようである。系統番号不詳のものは空欄,(括弧)を付すものは錦林運輸事務所開設以前の系統名である。終車通過時刻表に掲載されない区間については,標準的な所要時分を用いて時刻を外挿している。また「終車区間」は,当該系統が(終)の円板を表示する区間であり,それ以外の区間では原則として(臨)を表示した。ただし,20甲入庫の壬生→銀閣は(20),(壬特4甲)の壬生→京駅は(10),(壬特4乙)の壬生→千北は(21),臨22入庫の西九→銀閣は(22)になる。

所属系統名接続運転時刻終車区間
壬生(壬特4甲)10・11甲から 壬生七大京駅四烏烏今烏車千北千今壬生千北→千今
22:5523:0223:0723:1023:1623:2623:3323:3923:4423:55
(壬特4乙)21甲から 壬生千今千北烏車烏今四烏京駅七大壬生烏車→京駅
京駅→壬生
22:5223:0423:1023:1923:2523:3523:4223:4923:5424:00
20甲入庫
(錦林A入)
20乙から 壬生祇園熊野銀閣熊野千丸壬生錦林→千丸
23:0223:1623:2223:3023:3223:4323:5524:00
錦林 錦林百万烏今千今壬生祇園熊野錦林壬生→熊野
23:0023:0823:1423:1923:3223:4723:5223:58
錦林百万河今烏今河今百万錦林銀閣→河今
烏今→河今
23:3123:3723:4023:4323:4423:4723:5023:56
2甲から 錦林銀閣錦林錦林→銀閣
23:4623:4823:5023:52
烏丸(烏特2)4乙から 烏車千北円町千北烏車白梅→円町
23:1623:2223:3223:3323:4323:49
特55乙から 烏車千北烏車烏車→千北
23:4023:4623:4823:54
1436甲から 烏車洛北百万洛北烏車高野→百万
23:1923:2223:3023:3223:4023:44
(高野A)6甲から 烏車洛北高野洛北烏車烏車→高野
高野→烏車
23:4023:4323:4723:4923:5323:57
14915甲から 烏車烏今河今河丸四河河丸河今烏今烏車河今→四河
四河→烏車
23:1723:2223:2523:2923:3523:4023:4723:5123:5423:59
1504乙から 京駅七大壬生千丸千北烏車壬生→烏車
23:2323:2823:3823:4423:5424:00
九条臨22入庫 九車西九西四白梅烏今百万銀閣熊野東七九車なし
21:3921:4621:5722:0622:1622:2422:2823:3822:5122:59
278甲 九車東七熊野銀閣熊野烏丸円町西九九車千丸→九大
22:3122:3922:5223:0623:0823:2123:2623:3623:5123:58

  • 伏見線廃止(1970.4.1)に伴って,伏見線関連以外では河原町線四条以南の最終が,九条の応援運行の廃止により約20分繰上がった点が大きい。「主要停留場終発時刻」四条河原町の「京都駅」右側の余白は,「京都駅・九車」を削った跡である。
  • 同時に22乙系統が九条に移管されたが,終電の発時刻は錦林→西九方向が21:00,西九→錦林方向が21:46で,両方向の終電が西大路九条ですれ違うという,錦林所管でも運行可能な設定になっている。ただし錦林所管時の終電がこんなに早かったか,については記憶がない。
  • 278系統(銀閣→円町→九車)は伏見線廃止に伴って設定されたため,それ以前は12甲系統が千丸以西の最終であった可能性がある。

  • 20甲入庫系統の終車区間を錦林→千丸としたが,千丸→壬生には同時刻で1甲系統の終電が運転されていたため,どちらが終車を名乗ったか定かではない。
  • 149系統(烏車→四河→烏車)については時刻が修正されているが,往路について7分程度繰上げられたように見える。結果的に,当該運行の四条河原町折返しに伴う余裕時分が5分に伸びている。
  • 特5系統(烏車→千北→烏車)は,5乙と15乙に接続して運転されたが,運転時刻から最終運行は5乙に接続すると判断できる。
  • 烏丸線北行の烏丸車庫以西への最終は,壬生廃止後は4乙の延長運転であったが,この時代は壬生の応援運行であり,10甲の延長運転と推察される。
  • 終電間際の高野からの西行時刻表は,23:36(143系統)→23:46(6乙系統)→23:47(13い系統)→23:49(高野折返し)となるため,高野折返しが最終になると判断される。

  • 以上取りまとめると,区間・方向別の終車は右図のようになる。図中赤線が上表の臨時系統,黒線が常設系統になるが,後者は乗務系統として完全であっても,車庫前からの前途が不完全な場合には,終車区間を除いて(臨)表示になる。
  • 初電時には,原則として上表と同じ(往復),または逆回り(循環)の系統が運転される。
    ◆作者からのお願い: 阪急河原町延伸に伴う系統変更(1963.6.20)以降,1970.3.31までの期間に有効であった「終車通過時刻表」,及び臨時系統番号(名)の全貌をご存知の方は,ぜひ情報をご提供ください。
    (7/12/2016; Rev.8/18/2016)