市バス系統の変遷

City Bus Routes as of Mar. 1955

1928年5月10日に現在の1系統の一部,出町柳~植物園前間(下鴨中通経由)で,当時未成線であった市電下鴨線の代替・補完機関としてスタートした市バスは,順次路線を拡張し,やがて市電に取って変わることになります。しかし市バスの天下も長くは続かず,1981年5月29日に地下鉄烏丸線が部分開通すると,一層のモータリゼーションの進行も相まって,都市交通の主役の座から徐々に追われる立場になりました。
このページでは,戦後の混乱からほぼ立ち直った1955年から,最初の地下鉄が開通する1981年までの市バス系統の変遷を展望します。

1955年3月の市バス系統

1三条京阪-玄琢
2三哲(烏丸通)上賀茂
3西大路三条-北白川仕伏町
4三哲-深泥池・松ヶ崎海尻町
5三哲-北白川別当町
6上賀茂神社-祇園
7松尾神社・西大路三条-中書島・六地蔵
8三条京阪-高雄
9三哲(堀川通)上賀茂
10祇園(宇多野)釈迦堂
11祇園(嵐山)釈迦堂
12三条京阪(今出川通)千本北大路
15三条京阪(御池通)千本北大路
16三条京阪-吉祥院
17三条京阪-宝池公園・一乗寺高槻町
18三条京阪-久世橋
20三条京阪(高雄)小野郷
21西大路三条(山科)六地蔵
22祇園-羽束師・中書島・向島
23祇園(四条通・七条通)沓掛

(この年度の営業所は,上堀川・八条・貸切の3ヶ所。)