京都市電第1期線

The First Phase Lines Completed by 1913

このページでは1912(明治45)年6月から1913(大正2)年8月にかけて開通した,市電(広軌線)第1期線の運転状況を振り返る。

  • 第1期線は赤または紫の太線で示される。このうち紫は京電(狭軌線)との「六線共用」区間を示す。

  • 第1期線には他に烏丸今出川~寺町今出川~河原町一条(東一条で東山線と連絡する計画)が含まれるが,このうち烏丸今出川~寺町今出川間は1917(大正6)年10月末に開通したものの,残余の区間は第2期線の一部として建設される。

  • 黒はその後広軌線が開通した線区,灰色は京電由来の線区(市電開業以前の廃止線区を除く)を示す。

  • 図の赤丸は1968年頃の第1期線上,またはそれに隣接する折り返しポイントの位置を示す。初期の操車場としては七条大橋東詰と川端丸太町があったが,設置は少し遅れたらしく,後に川端丸太町操車となる4系統は知恩院前操車となっている。操車場の位置にも折り返しポイントが設置されていた可能性が高い。

  • 1期線内の折り返しポイントは比較的少ないが,1期線の外郭の角に当たる箇所の2期線側には,殆ど例外なく折り返しポイントが設置されている。これは2期線が完成順に枝線として線内折り返し運転をしていた名残である。

  • 四条大宮はかつては重要なターミナルであったが,南詰の折り返しポイントが設置されたのは1953年3月であって,それまでは四条大宮を起終点とする系統は,ミブまたは四条西洞院まで行って折り返していた。なお四条西洞院の折り返しは末期は西詰にあったが,狭軌線が存在した頃は東詰にあった。

  • 第1期線完成時の運転系統(1913年8月5日現在)は下表の通り。ただし途中に折り返し(太字)を含む系統があることでも分るように,これは乗務系統であって乗客向けに系統番号が案内された訳ではない(系統番号の掲出は1922年12月から)。

    系統経路
    1ミブ-ギオン-烏塩-烏丸-千丸-ミブ
    2ミブ-七宮-烏塩-烏今-千今-ミブ
    3ミブ-ギオン-東七-七宮-四宮-ギオン-クマノ-千丸-ミブ
    4知恩-四烏-烏今-千今-千丸-知恩
    5ミブ-七宮-東七-クマノ-千丸-ミブ
    6ミブ-ギオン-四烏-烏塩
    7ミブ-ギオン-クマノ-千丸-ミブ
    8ミブ-ギオン

    これから1960年代の配線図にはない亘りとして,クマノの西~南以外に,四条烏丸に東~南・東~北,烏丸丸太町に西~南(+狭軌線の東~北),千本丸太町に東~北が存在したことが分る。開業当初(1912.6.11~1913.4.15)は四条西洞院~烏丸塩小路の系統があったので,四条烏丸には西~南の亘りもあったはずである。実際,南詰からの三方分岐と東詰からの三方分岐の写真は残っているが,3方向に亘りの写った写真は見たことがない。西~南の撤去時期は不明であるが,開業後わずか1年で撤去して東~北に転用したものか,真相は不明である。

    四条烏丸から西を望む。横切る電車は烏丸塩小路行で西~南の亘りは見えるが,東~北の亘りは無い。交差点中央に立つセンターポールの威容が際立つ。(石井行昌氏「さよなら京都市電」) 「商業の中心地たる四条烏丸付近の盛観」昭和初年撮影の有名な絵葉書は四条烏丸から東を望む。明らかに西~南の亘りは無いが,架線の絶縁区間が東~北・東~南の亘りの存在を物語る。

     Back